test

ワークショップへのジレンマ

おたくとおすぎが杉並区にある私立高校で実践して得た知識・知恵を書いています。

【おたくのジレンマ⑮】あなたは紳士なファシリテーター?それとも・・・1回限り?

時間を割き、十分な準備をし、期待を望んだワークショップ、参加者の反応もそれなりに良さそう!終わった後は何物にも代えがたい充足感と幸福感に満たされているハズ・・・参加者も同じように感じているはず!

アイスブレイク、メインワーク、振り返りもテンポ良くやれたから今回は良い内容だったで満足している人は多いのではないでしょうか。終わった後にいつも何をするか、そこまでこだわっている方は少ないのではないでしょうか?

きちんとケアしてくれるかどうかで、あなたが紳士なファシリテーターなのか、それまでの一回限りなのかがわかります。

 

極端な話、いくらメインワークに持ち込む前の雰囲気や場作りに力を入れてもアフターケアが手抜きであれば参加者は興ざめしてしまうことがあります。ワークショップが自体が非常に良かったとしてもその余韻もどこへやら……家に帰るまでが遠足、ではないですが参加者にとってはワークショップの後こそが重要です。

また経験値があるからといって、いつもと同じように対応していて、その後がフォローが雑になっている人はいないでしょうか。知らず知らずのうちに参加者への対応の質が下がっていないかを改めて事後対応について考えてみてはいかがでしょうか。

何度かワークショップに足を運んでいると気分を害されることがあります。本当に小さなことですが、幾つか正直嫌だなと思うことがあります。

 

・すぐに片付けを始める

極端な話、どんなに良いワーク、ファシリテーションをできたと人もきちんとケアしてくれるかどうかで、この企画への思い入れや参加者への対応などが見えたりします。

終わったらそれで終わり、参加者は疑問や質問があると思うので、丁寧に対応して欲しいと思っているはずです。*もちろん会場の都合もありますが・・・その場合は、片付けながら、フォローしましょう!

・すぐに携帯を見る、電話をする、会場から出てしまう。

一通り終われば、お役御免とばかりに、すぐさま次のことを考えてしまう、目の前の参加者に対応できない、そんなことありませんか?電話やメールなんて、数分遅れても特に影響があるわけではないですよね。目の前の参加者に紳士な振る舞いすれば、違った気づきや学びも得られるはずです。

 

・名刺交換待ちの体制になる

どうしても名刺交換はしてしまいますし、求められますよね。特に満足感、充足感を得られたワークショップの後は・・・
とはいえ、参加者も帰ったりしなくてはなりませんが、一言、「どうでしたか?」「気になる点はありましたか?」ファシリテーター側から歩み寄ってあげるのも一つの手なのではないでしょうか?

少しでも場で起きたことを共有しようとする姿勢が次につながると思うんです。 

じゃあ良いアフターケアとは?

 

・補足資料を手渡しする

ワークショップの後って”もやもや”しませんか?

そんな人のために、疑問に持ちそうなことをA4資料とかでまとめて「こちら補足資料になりますので、帰り道や寝る前に一読下さい」と伝えてあげれば、学習効果は上がりそうですよね。こんな些細なことが一つあるかないかで本当に違うんです。

もちろん、毎回は難しいですし、その場で渡すのが難しい場合は翌日にメールで送付することをお勧めします。

 

・懇親会に直接誘う

懇親会に直接誘うことは非常に効果があります。直接誘ってあげることで、参加者も悩んでいた判断が、嬉しくなって、行くことに!少しでも参加してもらえれば、いろんな意見が聞ける時間をいただけますからね。

・直接お礼を伝える/反応を聴きに行く

参加者がファシリテーターや内容を気にするのと同じように、ファシリテーターも参加者の反応が気になります。
そういう時は、ファシリテーター側から「どうだった?」と直接話を伺ったり、初対面の方には、お礼を伝えることで、印象が良くなります。
この件に関してはおすぎがブログで書いているので、以下を拝読ください。 

sugitakuworkshop.hatenablog.com

 

ワークショップ後のアフターケアに触れてみましたが、事前準備も大事ですが、その後の方にどれだけ力や心が込められているかで、参加者満足度などは高まる傾向はあるのではないでしょうか。僕も実際良いフォローを受けた人のイベントには何度かお邪魔させていただいております。そういう人は人間的にも尊敬できる部分もあり、何度参加しても、何かしら大きな学びがあります。

 

誰もが考えると思いますが、参加していただくからには参加者に心から満足してほしいですよね!中には遠方からはるばる来られる方もいますので、アフターケアは本当に大事だなと思います。理想はアフタフォローなどせず、ワークショップ後、自発的にワーキンググループができるような支援や後押しをワークショップ内でできれば、上記のようなフォローは入らないような気がします。本来目指すべきものはなんなのか、日本人にとって最適なフォローはなんなのかをさらいに追求していきたいと思います。 

【おすぎのジレンマ ⑮】 本番よりも終わった後が肝心よ❤

意味深なタイトルですよねぇ(笑)

ってか、完全に狙っています。

まぁ、ジレンマもたまにはこういう回があっても良いですよね!?

 

って、もちろん本番ということはあの話ですよ❤

そして、本番よりも終わった後が肝心って…そう!ワークショップのことですよね!!

むしろ、何でもそうだと言えますが、たとえばおすぎの立場でいえば、部活の公式戦などは本番でどう戦ったかということももちろん大切ですが、なぜ勝利したのか、逆になぜ負けたのかをきちんと分析することが大切なはずです。

 

しかし、意外と終わった後、つまり“アフターフォロー”ってしているようでしていないってことありませんか?

実はアフターフォローに導くための魔法の言葉があります!その一言とは…

 

「どうだった?」

 

です(笑)

 

たとえば、

・部活の試合後、「どうだった?」と聞いてみる。

・定期試験後、「どうだった?」と聞いてみる。

・映画鑑賞後、「どうだった?」と聞いてみる。

・ワークショップ後、「どうだった?」と聞いてみる。

 

どんなことにも言えるのですが、終わった後に「どうだった?」と聞いてみるだけで、本番で自分自身が何を得て、何ができなかったかを考えることができると同時に、アフターフォローも的確にできるようになります。

 

ワークショップにおいては、おそらく“チェックアウト”や“リフレクションシート”などが「どうだった?」に該当するかもしれません。もちろん、ワークショップ後に、講師が直接参加者に「どうだった?」と聞いてもよいですし、ワークショップ後に懇親会などが設定されている場合には、一番本音が聞きやすいかもしれませんね。

 

ただし!!

「どうだった?」だけでは、アフターフォローにはなりません。

「どうだった?」はあくまで、どうアフターフォローをすれば良いかの材料を見つけるだけにすぎません。

 

たとえば、映画にたとえてみましょう。デートで彼女と映画を観に行く。

そして、映画鑑賞後、魔法の言葉発動!!

彼氏「どうだった?」

彼女「もう少し落ち着いた映画だと思ったんだけれど…」

 

さて、この言葉を聞いて、ここからがアフターフォローです。さて、もしまた映画を一緒に観に行く時、あなたがその彼氏ならどうする!?

 

A:もう少し落ち着いた映画をピックアップする

B:彼女に見に行きたい映画を決めてもらう

C:もっと「どうだった?」を活用して、さらに彼女のニーズをさぐる

D:もっと激しい映画をピックアップする

 

さて、どうしますか?って、D以外はきっと正解…否、もしかしたらDでも彼女の新しい世界が開けるかもしれませんが、Dにいくには相当のアフターフォローが必要かもしれません。

 

そのようなわけで、ワークショップにおいてもワークショップ本番後のアフターフォローをどうするかが肝心だと思います。

いや、僕は講師として呼ばれて、この本番だけやれば良い!あとは、参加者にお任せよ。そのスタンスも決して否定はしません。

ただ、きっと素敵なワークショップを創り上げる方々は、その後直接的に関わらなくともアフターフォローを促すような雰囲気や場を生み出しているような気がします。

 

ワークショップ本番後を、参加者にゆだねる、ワークショップの場で学んだことをその後実生活にどう活かすかは参加者ひとりひとりの責任…もちろんそういう見方もあるかと思いますが、ワークショップをイベントで終わらせないためにも、アフターフォローまで考えたワークショップの設計をしてゆきたいなと思います。

 

さて、みなさん、ワークショップへのジレンマもこれで第15回をつれづれなるままに書き連ねてきましたが…

 

「ワークショップへのジレンマ、どうだった?」

 

ぜひ、忌憚ないご意見をお聞かせください(笑)

よろしくお願いいたします。

【おたくのジレンマ ⑭】 グループワークは空気の読み合い?

「空気を読む」という言葉は日本人のコミュニケーションスキルには、外せないですし、世の中から求められています。そのため、このスキルを見極めるため、育むためにワークショップ中に「グループワーク」「グループディスカッション」を導入されている企業や学校は多いですが、時折疑問を抱きます。これは本当に良いのかと?ただ主体的に楽しめるから導入しているだけ?協調性が身につきやすい?

 

グループワーク、非常に魅力的なものです、何をやっていても、ある程度は楽しいです。その場にいる人が主観的に判断し、「俺がリーダーシップを取ろう」「私は聞き手に回ろう」「僕は書記に回ろう」と空気を読んで役割分担が決められます。

 

たまに違和感を感じます、グループワークというよりKYG(「空気読み取り合戦」)だなぁと。

 

KYGが続くと、グループワークの終わりには「あの人は何を考えていたのだろうか」「もっと意見をいえばよかった」とか反省しがちになってしまい、本来の自分を出せなかったと悔しい思いをします。
その根幹にあるものは、「Aさんのことをもっと知りたい」「他者と信頼関係を築きたい」という信頼関係構築なのではないでしょうか。

 

空気を読むことは確かに素晴らしいスキルですが、一方で本来、求められているのは「空気を読まない」人だと個人的に思います。「空気を読まない人」って異質ですけど、飲み会に参加していてもいなくても、話題になります。

それはみんなが嫉妬しているからです。

 

嫉妬できる理由は、何を考えているかわかるし、何をやっているかが可視化されているからです。嫉妬されることって実は社会で求めれるているのではないでしょうか?

良い言葉で言えば、愛されキャラですよね。そういう人って、なんでも本音で話せる雰囲気が漂っていて、憧れの的だったりします。

 

日本ではお互いを尊重するために「上下関係」「年功序列」を大事にしすぎている傾向があります。

年齢が低い場合、新しいアイデアが出ても、立場を考えて、何も伝えない、今は我慢など、自分の心を抑えてしまいます。

 

一方で年齢が高い人は立場を利用して、パワーマネジメントする人もいます。そういう人は何かに嫉妬している、自分より優れている人がいると困ると本当は思っているのではないでしょうか。

 

「空気を読む・読めと」思う人は、争いをしたくない、自分の立場を優位にしたい、相手に優位に立たれたくないからです。

どちらの立場も共通するのは「自分にとって〇〇はよくない」があるからなのではないでしょうか。一見、空気を読んで尊重しているように見えますが、そうではない気がします。「互いを尊重する」とても素敵な言葉です。でもこの言葉、「逃げているだけ」にも見えませんか?もちろん逃げることも時には大事です。(笑)

 

理想をいえば、どんな立場・年齢でも本音で物事を伝え合い、判断し、意見を纏め、互いに補完し合える関係でグループワークを進めていくことが良質なアウトプットにつながるのではないでしょうか。

 

ではどうすれば「本音」で話せるグループワークができるのか?今は一般的になっていますが、一つの手段として考えられるアイデアは日本人向けにグラウンドルールを構築することです。

 

その中の一つに「安心・安全の場」というルールを除外するという策があります。

個人的に、このルールがあることで、本来求めているグループワークで期待する効果は得られないと考えています。

 

人間は他者から承認や信頼を得たいと無意識の中で求めています。

それらを得た時、人は大概、「本音で話してくれた」「率直に意見を聞けてよかった」という感覚や感情を持ちます。一言で言えば「何を考えているかわかった」という状態です。この心境は振り返りの質を高めるのではないかと個人的には感じでいます。その心境であれば、他者を受け入れ、尊重し、自分を出せた状態でワークショップを終えられるのかと思います。

 

「争いごとをしたくない、争わないでほしい」、その気持ちわかりますし、ワークショップの企画者自身の優しさは勿論大事されるべきです。しかし本当にその場で求められているのは何か?それは「安心・安全な場」なのか?「本音」で話すことができる場なのか?

 

その場にいる全ての人が満足して終えられる場ができるよう改めてワークショップ1つ1つの要素を考えて見るのは良いのではないでしょうか。

 

【おすぎのジレンマ⑭グループワーク=アクティブラーニングという考えはもう捨てよう…】

「はい!じゃあ、グループになってね。」

 

「もちろん、私はアクティブラーニングをやっています!だって、グループワークやっていますから」

 

この数年で、どれだけの学校現場でこういう会話がなされたのであろうか…

 

アクティブラーニング…この数年、日本の学校現場を席巻したワードである。

 

文部科学省のHPでは→

「教員による一方向的な講義形式の教育とは異なり、学修者の能動的な学修への参加を取り入れた教授・学習法の総称。学修者が能動的に学修することによって、認知的、倫理的、社会的能力、教養、知識、経験を含めた汎用的能力の育成を図る。発見学習、問題解決学習、体験学習、調査学習等が含まれるが、教室内でのグループ・ディスカッション、ディベート、グループ・ワーク等も有効なアクティブ・ラーニングの方法である。」と定義がされています。

ただ、2016年5月9日の教育課程部会高等学校部会において「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニング)と示され、だいぶその「AL祭り」「ALブーム」は良くも悪くも沈静化してきているなぁという印象を受けます。

 

しかし、この「AL祭り」によって、日本の学校現場に一石を投じられたことは事実であり、それまでの授業に何かしらの変化をもたらされたのでないかなぁと感じています。

 

But!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

“グループワーク=アクティブラーニング”と考えている人が多すぎ(笑)

いや、決して間違いとはいいません。グループワークでもアクティブラーニングを促せることは間違いないですから。

でも、グループワークをやらせればアクティブラーニングになるとは大きな間違いですよね。でも、残念なことに学校現場においては、そのように考えている先生方が多いことも事実…こういう誤解が蔓延していることが残念で仕方がありません。

 

さて、同じことがワークショップでも起きているのかなぁというのが本日のテーマです。

もちろん、おすぎも若かりし頃はグループワークをしていればアクティブラーニングを促す近道!そんなふうに考えていたことがあります。

そういう意味で、大好きなワークショップのひとつにワールドカフェがありました。

 

ワールドカフェとは、

「Juanita Brown(アニータ・ブラウン)氏とDavid Isaacs(デイビッド・アイザックス)氏によって、1995年に開発・提唱されました。

当時二人が、知的資本経営に関するリーダーを自宅に招いた話し合いの場において、ゲストがリラックスしてオープンに生成的な話し合いを行えるように、様々な工夫を凝らした空間で話し合いを行った結果、創造性に富んだダイアローグを行うことができたことが始まりとなります。

その後、想像できないほど多くの知識や洞察が生まれたことに感銘を受けた二人が、その経験から主体性と創造性を高める話し合いのエッセンスを抽出してまとめたのがワールド・カフェです。「知識や知恵は、機能的な会議室の中で生まれるのではなく、人々がオープンに会話を行い、自由にネットワークを築くことのできる『カフェ』のような空間でこそ創発される」という考えに基づいた話し合いの手法です。

  • 本物のカフェのようにリラックスした雰囲気の中で、テーマに集中した対話を行います。
  • 自分の意見を否定されず、尊重されるという安全な場で、相手の意見を聞き、つながりを意識しながら自分の意見を伝えることにより生まれる場の一体感を味わえます。
  • メンバーの組み合わせを変えながら、4~5人単位の小グループで話し合いを続けることにより、あたかも参加者全員が話し合っているような効果が得られます。
  • 参加者数は12人から、1,000人以上でも実施可能です。」

http://world-cafe.net/about/より引用)

 

もうワクワクしますよね!もちろん、今でも大好きなんですが、形骸化したワールドカフェってもう最悪です(泣)素敵なファシリテーターの方、素敵なテーマ、素敵な参加者、そして何より場づくりがあってこそですが、とにかくワールドカフェさえやればなんとかなると思っているようなワークショップを体験した時に、ある意味心に大きな傷を負いました。

 

なんというか、こうやってせっかくのワールドカフェという素敵な手法を汚して、ワールドカフェに変な誤解を生んでしまうのではないかなぁと。

そして、その時思ったんです!学校現場におけるグループワークにも同じことが言えるなと。

目的のない、とりやえずやるだけのグループワークをやらされたら、生徒にとってアクティブラーニングを促せないどころか、グループワークを嫌いになってしまう生徒も増えてしまうんだろうなと。

 

もちろん、何事にも言えますが、「とりあえずやる」「やっておけばいい」という感覚でやることが、どれだけ他者に対して悪影響があるかということを。

 

そのようなわけで、ぜひこれからワークショップにおいても授業においても、どのような場においてもきちんと目的をもって、その目的を達成させるためにグループワークやワールドカフェなどの手法を活用していけたら良いなと思います。

 

さて、素敵なグループワークを今後もつくれるファシリテーション力を磨いていきたいですね。

【おたくのジレンマ⑬ワークショップの費用より考えるべき3つ立場とは?】

この記事の本題に入る前にあなたが主催したワークショップ、もしくは参加した時の体験を思い出して欲しいです。その体験があなたの動機となり、心にとどまったからこそ、ワークショップを主催したいと思っているのではないでしょうか。

 

初めてワークショップを主催するとき、誰しもが参加費の設定に悩んでいると思います。悩みの原因は参加費をいくらに設定すれば集客はできるのか?この値段で大丈夫なのか?私も初めて主催するときは非常に悩んだことを覚えています。

 

私は学校現場や地域のスポーツ少年団を対象に多くの場でワークショップの企画、運営、時には生徒が主催するワークショップを拝見してきましたし、数万円払って、参加したことも何度かあります。今となっては数年ワークショップを実施しておりません。(笑)

 

個人的には初めて主催する人や経験が浅い人、利益を追求しない人は一回の料金を500円で実施することをお勧めします。

理由は簡単:

 1:誰でも参加しやすいワンコイン

 2:12人以上集めれば、(会場費代(3000円〜3500円)+印刷代(500円)+模造紙(500)+マッキー(1000〜1500円))を支払える

 3:参加者から良質のアドバイスをもらえる

 

*ちなみに無料施設を使用した場合 あなたの時給は2,000円以上!(笑)

・12~20人 500円 = 6000~10,000円

・時給: 2,000円~3,300円

・会場-無料施設使用

 

と、ワークショップの費用を決めるのは以外と簡単なのですが、個人的に疑問を持っていることは"ワークショップを単発のイベント"と考えている方が多いのではないでしょうか。おそらく、経験を積みたい、主催してみたいという自己満足・実現の世界に重きを起きがちのため、本来提供したかった価値を忘れがちなのではないでしょうか。

 

先日、とあるワークショップのプログラムを拝見させて頂きました。それは目的・目標が具体的になく、誰を対象に実施しているのかが全く見えない乱発プログラムでした。

 

ただこのワークやゲームをすれば「みんなが楽しく学べる」「チームワーク」「コミュニケーション」が身につく。もちろん身につきますが、それは大きな間違えです。

 

ワークショップは

 ①参加者

 ②主催者(ファシリテーター、オーガナイザー、ティーチャーなど)

 ③場(ワーク、活動内容)

の3つが揃って本当の価値を提供できます。

 

そのため主催者はワークショップのプロセスで起こりうるであろう出来事を事前に想像し、準備しなければなりません。そして当日、参加者の言動や意見をまとめ、自らのファシリテーションで良質な活動に導かなけれななりません。


それら3つが協働することを最大化させることが主催者に課された最大の人件費

(自身の時給× 時間)であり、主催する価値なのではないでしょうか。その時間にどれだけあなたは投資できるを設定することで費用は決まると思います。

 

費用はどんな哲学があれ、誰もが自由に決めれますし、誰も支払えることができると思います。でも忘れてはいけないのは、ワークショップがどのように成り立っているのか。価値のある体験があなたを突き動かし、今の立場があるのではないでしょうか。

「場を創り、場に価値を」:おすぎとおたくが大切にする言葉であり、持続的かつ、段階的に学べ、現実で成長を実感できるプログラムの根幹です。

 
改めて問います、あなたにとって「心にとどまり続けているワークショップはどのような場だったでしょうか?」