test

ワークショップへのジレンマ

おたくとおすぎが杉並区にある私立高校で実践して得た知識・知恵を書いています。

【おたくのジレンマ㉔】先の見えない連携、だけど需要はある。

日本の教育を社会課題と考えて教育改革をしたい、教育を変えたいと言う言葉を聞くようになってから10年ほど経ちました。「学校と協働して今後何か社会に貢献できる施策を行っていきたい」と考える企業、NPO団体、地方自治体、教育委員会からの相談を受ける機会は年々増加しています。一方で、現場を知らない人に何ができるんだという批判の声もあります。

 

どんな支援をしたいかを聞くと大概が以下の5つが挙げられます。

・キャリア

・地域連携

・夢・将来

・ビジネススキル

・コミュニケーション

確かに上記の内容は現代の学校教育で必要とされるもの、もしくは生徒からニーズがあるものですし、そのような内容を学べる機会があることはとても重要です。

・継続性のない連携

コミュニケーション、ビジネスコンテストなどあらゆる機会が現在の若い世代にはあり、学校では学べないことを得られ、特別な達成感、満足感、思い出などを作れます。

ただ問題は授業を終えてしまったら、終わってしまうという関係。

これはよくあることですが、一度で良いからというのは無責任な感じがします。
学校という期間で何かするには実践した後にフォローを目的に足を一度で良いから運ぶことをお勧めします。そういう機会があるからこそ、授業内容の効果を肌で感じることができるし、お互いにやってよかったという感触が生まれ、継続的な連携が生まれやすくなります。

シナジーが生まれない
団体というのコラボレーションというの名の他力本願?
高い実績、実戦経験が豊富ということで、アドバイス、協力をいただけないかということで、ご相談の連絡をいただくことがあります。

相談の内容は、「高校生向けにキャリアやコミュニケーションスキル」を学ばせるような場を当団体としても今後行っていきたいと言う話から、一緒にご協力いただけませんか?と言う相談なのか依頼なのかわからない状況になります。(笑)


そんな中で、折をつけて、MTGを行い進めていくと
「これは難しい」「あそこの団体は・・・」やらとネガティブなことが発生し、うまくいかなくなる。というのが大人の事情。

連携をする1つの理由に「相乗効果が生まれる」「新しい問題に対してより早く対策を打て、未来に収益が生まれる」などを考えるのが前提なのですが、担当者と話をしていると、結構な確率で個人的な見解が多く、自分の所属組織に関することをあまり知らない、または何を生み出せるかを考えることができていない人が多いです。

 

今後「連携」はさらに需要が増えてきますので、より慎重になって考えなくてはならないテーマです。

連携をする上で個人的に重要なのは"ともに時間をかけて、目的・目標を達成できるか”かが鍵になってくるのではないでしょうか。

何を始めるにも最初はうまくいきません。時間をかけて少しでもステップアップすることができれば、3年、5年後には注目を受けたり、また違う価値を生み出せるようになり、社会から評価されます。

時間をかけて改善していけば、クラスという単位から学年、そして学校、そこから学校間、地域間というように広げていけます。小さな積み重ねをしていくことで、地域と学校、自治体が協働する共同体になると思います。


ワークショップという小さなきっかけを継続にしていくことで社会的なインパクトを生み出せるのではないでしょうか。

【おすぎのジレンマ㉔】大人の思惑だらけの連携(笑)

「連携」

互いに連絡をとり協力して物事を行うこと。

連絡を密に取り合って、一つの目的のために一緒に物事をすること。

 

この言葉には、このような意味があります。

学校においても地域連携、外部連携、内部での連携、教科間での連携などなど、連携という言葉がよく使われます。

個人的に、おすぎは「連携」することが大好きです!!

 

だって、間違いなくひとりでやるよりも、誰かと協力をして一緒にやることのほうが学ぶも多いし、結果にもつながるし…正直得るものは大きいなぁとこれまでの経験から実感しています。

ただ、問題はその目的と手段なんですよね。

 

まず、高校教員という立場にいるおすぎの視点から言わせてもらうと、やたら学校と連携したがる方々が多いなぁと感じています。

きっと学校という場が良くも悪くも閉鎖的で外と連携しているようでしてこなかったこともその理由のひとつかもしれませんが、それでも…多い(笑)

まぁ、ちょっとSNSで「連携しませんか?」的なたとえば一緒に授業をつくったり、授業をしていただいたり、講演を依頼するものを投稿したら、すぐに個別の連絡を何人もの方からいただきます。

もちろん、おすぎがそのようなネットワークを構築しているこということもあるかもしれませんが、それにしても多い(笑)

また、「ぜひ連携しましょう!」というお誘いが多いのも事実ですね。

 

ただ、そんな時おすぎはものすごく慎重になります。なぜって?

だって、これまで多くの素敵な連携とそうではない連携を見てきたからなんです。

その中で、やはり素敵な連携というのは、目的がきちんと連携する者同士で共有ができていて、同じ方向に向いている場合です。たとえば、そういう方々と授業を一緒につくった時なんかは、目の前の生徒にとってもそして連携し合った者同士も、とてもハッピーになれた記憶があります。

では、そうでなかった場合はどうなのか…むしろそうではない場合のほとんどが大人の思惑だらけの時なんです。

「学校という場で実績をつくりたい」

「教育現場とつながりをつくりたい」

「自分の研究のために実践をしてみたい」

など…まぁ、自分のことしか考えていない(笑)そして、そういう方々に限って、連携がうまくいかないと、教員のせいや生徒のせいにする…もうウンザリです。

 

そのようなわけで、連携をする場合、まず連携相手をきちんと見極めることが大事になってきます。それは、もちろんこちら学校側や教員側も見極められているという自覚を持ちながらですが。

 

そして、きちんとお互いが理解をしあって、目的を共有できれば、あとはそれに基づいた手段を実行していくこととなります。

ただ、ここでも気をつけたいことがあります。それはたとえ目的が共有された相手でも、立場が違えば良かれと思って考えた手段が全く異なることがしばしばあります。実は、学校と外部との連携などでは、よく起こる事象なんです。

そこで、目的が共有されてからは丁寧に手段を構築していくことが必要となります。

そのような過程を経てようやく本来の「連携」がスタートするんだと思います。

 

おそらくこれからの多様化した社会において、「連携」ということはよりニーズが増してくるスタイルだと思います。

そして、だからこそ大人の思惑も増し、「連携」という名のもと犠牲者になる立場の人も出てきてしまうのではないかなぁとおすぎは危惧しています。

 

だからこそ、原点に立ち返り…

 

「何のための“連携”なのか?」

 

を自分自身に問い、連携相手に問い、そのうえで連携を作り出していくことが必要不可欠なのではないでしょうか。

そして、そう考えてみるときっと連携はそう容易いものではないということが見えてきます。もちろん、これらはワークショップという場でも同じことが言えます。

 

さて、みなさんはどのように連携をしてゆきますか?

あなたの思惑で連携しますか?

目の前の人のために連携しますか?

それとも…!?

【おたくのジレンマ㉓】学びのシフトを組み込んだ年間カリキュラム

最近、オーストラリアでキャリアカウンセリングを「友達にしてあげてほしい」ということで、一人の方をきっかけに、数人ご紹介いただき、カウンセリングをする機会を何度か得ました。

おたくはキャリアカウンセリングを本業としているわけではないので、本当に的確なカウンセリングができているかわかりませんが、相談者からはどの留学カウンセラーよりも適確なフィードバック、説得力がある。という恐れ多いですが、ありがたいお言葉をいただいております。

私が行うカウンセリングでは「3年後の目的・目標」を相談者に聞いていき、その上で、どのような戦略、戦術をとっていくかを相互に理解し合いながら、進めていきます。

 

私の場合、未来は予測できるスキルはないですが、未来を予測できる人・会社はいくつもあるので、分析資料や書籍を年に1、2冊は読むように心がけ、どんなことが今後起こりうるのかを、踏まえた上で、自分のキャリアをどのように構築していけば良いのかを考えています。

じゃあいつから、こんなことを考えるようになったかというと、

よくよく考えてみると、この考え方はワークショップの年間カリキュラムの作成に近しいものと思いました。

 

ワークショップをデザインする上で、学習者や参加者が安心して学ぶことができる環境を整えてあげるための一つの手法として、年間カリキュラム・シラバスの作成があるのではないかと考えています。

 

学生時代は授業が思い通りいかない、テスト範囲まで進まないなど先生から聞いていましたが、年間カリキュラムを適切に作れていないために、そのような問題が起こってしまうのではないかと思います。もちろん大人の事情もあると思いますが・・・w

 

ワークショップの開発、運営する上では、仮説を提示したり、目的・目標を明確に定め、それに対して、関係する人々を巻き込んでいくことが準備の段階で必要になります。

 

ワークショップの年間カリキュラムのデザインは「目的の設定」から基本的に始まります。

 

基本的には

1.なぜ学ぶことが必要なのか?(学ぶ理由)

2.どんなことを学んでもらい、どう変わってもらうか?(学習者の変化)

3.どのように変化を実際の生活に導いていくか?(学びの適用・転移)

と言う3つの視点で考えていくのが基本的な構成になるのではないでしょうか。

 

例えば

1.多様な社会で生きていくためのコミュニケーションスキルが求められているため

2.社会で求められるコミュニケーション、マインドを獲得し、どこでも活躍できるようになる

3.学校生活や部活動で良質なコミュニケーションを周囲ととり、成果を出すことができる。

 

おそらく多くの人は1.2は検討しているが、3は検討できていないのではないかと思います。学んだ後に成果につながる行動ができるデザインを念頭においた上で、年間カリキュラムは考えたほうが良いのではないでしょうか。

 

年間プログラムを用意すると何が良いかというと、参加者をゆるくコントロールできるかつ、学習者に合わせて、プログラムを途中で改定することができることが良いところです。

年間のキャリア学習や授業を始める前に、学習内容、学習方法、活動内容をゆるく定めておくことで、実際の参加者の変化や課題に対して対応しやすくなるのも事実です。

 

年間カリキュラムを用意したとしてもうまくいくことは基本的にはありません、ただ年間カリキュラムがあるからこそ、うまくいくこともありますし、改善もできます。でもそれ以上に大事なのは年間カリキュラムを作成する上で、どのタイミングで「教える」から「考えさせること」へシフトさせるかはとても重要になります。

 

チームづくり講座では一回の授業でシフトを起こしていくのではく、一学期の中頃から、後半にかけて徐々にシフトしていくような取り組みをしていきます。例えば、生徒がグループを作るために生徒間で交渉、スカウトする。それに対して、評価を行う。または問だけを与え、あとは生徒に考えて行動してもらうなど、いくつもの小さな仕掛けを用意し、「考えさせるため」の行動へ持っていきます。

 

個人的にどんなに素晴らしい知識を教えたとしても、それについて考えることをしなければ、記憶や学習力と言う筋肉はつきません。

 

年間プログラムを作って満足するのではなく、学びのシフトを学習者に起こさせるタイミングを明確に見極めて、適切なタイミングで行えれば、学習者は自然と興味を持ち、最終的には本気で取り組んでくれます。

 

個人的に考える良質な年間プログラムというのは学習者を自然と主体的になり、物事に本気で取り組める時間を提供しているプログラムなのではないでしょうか。

【おすぎのジレンマ㉓】(年間)プログラムは必要か否か!?

プログラム。

   ↓

ある物事の進行状態についての計画や予定。予定表。

 

おすぎは、いわゆる「プログラム」をつくるのが大好きですし、プログラムがあるほうが安心します。

 

おすぎは、高校教員として授業はもちろん、各種業務でこのプログラムをつくります。学校ですので、年間単位、学期単位、月単位、週単位、日単位など、その業務に応じてスケジュール感は異なりますが、年間単位を基準に、細分化して作成をしてゆきます。

 

しかしながら、実は意外と学校という場においてこのプログラムがつくられない傾向にあります。いや、正確には説明責任を果たすためのプログラムが、授業であればシラバスという形でつくられるものの、実際には機能していないということがしばしば見受けられます。

もちろん、目の前の生徒の状況に合わせて、授業の進度や内容は変化をするものですし、当初計画をしたプログラムどおりにいかないことはよくわかります。

ただ、それにしてもプログラムどおりにいかない…そのような時におすぎはあまりに見立てが悪い、つまりきちんとしたプランニングができていないのでは?と疑問に感じることがあります。

 

さて、おすぎは専門科目である「日本史」、そして学校設定科目である「チーム作り講座」において、年間プログラム、学期ごとのプログラムをつくります。

そして、まさにこのプログラムをつくるために、特に2月から3月にかけて、1年のうちで最も授業について悩むこととなります。

まず、2月で前年度の授業が終わります。すると、そこで前年度の授業を振り返り、次年度どのように授業をブラッシュアップするかを考えます。そこから、3月にいよいよ次年度どのような授業をするか、ものすご~く悩むこととなります。

もちろん、これは授業以外の業務にもいえることですが、特に授業においてはいかにこの3月を上手に活用するかで、次年度の1年間が決まるといっても過言ではありません。

 

そして、4月において実際の目の前の生徒に出会って、一旦年間プログラムを見直すこととなります。あくまでプログラムは予定なので、4月中はお試し期間という意味合いも込めて、生徒からなるべくヒアリングをしながら、4月を乗り越えます。

そして、GWという前後で目の前の生徒に合わせた年間プログラム(改)を提示する、このような流れなんですね。

 

って、そんなことを当たり前にしているおすぎですが、学校では不思議がられます。

 

「なぜ、年間プログラムがたてられるの?」

「なぜ、年間プログラムどおりに進むの?」

 

よくこういう質問を受けますが、むしろおすぎからしたら、なぜプログラムをたてないか、またプログラムどおりにいかないのかが不思議で仕方がありません。

 

あえて、辛辣な表現をするのであれば、プログラムがたてられないのであれば、それは授業ではないのでは?と言いたくなることもありました。

 

しかし、そんな時学校という文化・風土が「積み上げ式」なんだということに気づき、それは当然年間プログラムをきちんとたてよう、そしてプログラムどおりに進めようなんていう気が起きないんだろうなぁと理解ができたのです。

 

おそらく一般企業ではゴールをきちんと定めて、そこに向かって何をしていくのか、つまり「逆向き式」にプログラムをたてていくことになるのだと思います。

ただ、学校では完全に「積み上げ式」です。ゴールを設定しているようで、きちんとしたゴールを設定することなく、コンテンツを積み上げていき、ゴールまで向かわなくてもプロセスを大事にします。

つまり、多くの学校は「結果よりも過程」を評価する傾向にあるのではないかなぁと。しかし、社会に出るともちろん「過程よりも結果」を評価するのは当然のことですよね。

 

そのようなわけで、「積み上げ式」と「逆向き式」、「結果よりも過程」と「過程よりも結果」という学校と社会の乖離が、このような現状を生み出していると私はある意味断言します!

 

さて、それではワークショップではどうでしょう?もちろん「逆向き式」で「過程よりも結果」が大切ですよね。

それでは、なぜそうならないのか?

シンプルにひとつ!それは、きちんとしたゴールが明確ではないからなんです。

ワークショップでも授業においても、「このようなものを身につけてほしい」「こういう力を本日は育成してほしい」これがきちんと考えられていれば、おのずと「逆向き式」で「過程よりも結果」になるはずなんです。

それがならない学校は、ある意味ゴールから逃げ、結果から目をそらし、そしてひいては目の前の生徒から逃亡しているんだと思います。

 

だから、私は声を大にして宣言します!プログラムは必要です。ただし、きちんとしたゴールを設定したプログラムを!

 

そんなワークショップをもっともっと増やしてもらいたいと思う反面、学校という場がきちんとそういう授業をしていれば、ワークショップ自体が必要ではなくなるのではないか…そうも思ったりします。

 

さて、みなさんどう思いますか?

【おたくのジレンマ㉒】心をつかむためのグランドデザインはできているか?

おすぎとおたくは多くの実践家(ワークショップを事業にしている人)をお呼びし、高校生向けに貴重なお時間を提供してもらっています。

プロフェッショナル中のプロフェッショナルは生徒の心をつかみ、高校生に計り知れない好影響を与えているのを直で目にしてきました。一方で、心をつかめず、その場で大きな悔しさを持ち帰って行く人も数人見てきたのも事実です。

 

その度に普段、大人向けにプロフェッショナルとしてワークショップを実践している人が高校生以下にワークショップ実践することは難しいのか?なぜうまくいかなかったのだろう?と言う疑問を頂きます。

 

学校という枠組みで行う場合、授業時間の縛りが発生します。1コマの授業が40分、45分、50分、70分、100(50分×2)分と組み合わせは様々ですが、与えられた/達成したい目標を規定の時間内に成し遂げるのは至難技です。

なんどもその場に立っている私たちですら、授業時間内に終わらないことが未だにあります。

これは特殊な状況ですが、この授業型ワークショップを運営する上では幾つかコツがあります。

まずは「生徒の心を短時間で掴めるか」という難しさがあります。生徒は授業の一部なので、部活で疲れている、寝不足、テスト前など外的要因も含めて基本的にベスト今ディンションではありません。そのため、最初の3分~10分で「この人は学校で受けている先生の授業と比較して面白い・違う・ためになる」と思わせなければなりません。

要は「面白くて、楽しく学べる授業になりそう」と思わせる掴みが必要にあります。むしろこれができれば、ほぼ良い成果が出ています。もちろんその他にも良い要素もあります。(笑)


私たちが提供している、チーム作り講座では、幾つかの一般的なアイスブレイクを実践しているため、準備したアイスブレイクやワークが二回目の体験となり得ると思わぬ罠も潜んでいるため、最初のつかみは難しいと思います。大人であれば、空気を読んで対応してくれるのですが、若い世代となるとそうもいきません。

若い世代は二週連続同じことをすることを毛嫌いする傾向があるので、事前に直近で何を行ったか、現在どのような雰囲気なのかをヒアリングしておくことをお勧めします。

 

そのようなことを怠るとうまくいかなかったり、心をつかめなかったりします。たまに自分のスタイルが通用するかを腕試し感覚で行う人もおりますが、失敗したら終わりです。授業なので、全員の満足度が高くなるものを提供するのがプロとしての仕事だと個人的には思います。

その他には大人向けのコンテンツをそのまま若年層向けに使用するケースです。一般的な使われているコンテンツはファシリテーターに左右されるというのが個人的な結論です。良質なコンテンツを利用すれば、満足度は50~70点は取れるというのが、大人向けのものですが、その提供物が若年層となると、30点〜50点の満足度に落ちてしまうのではないかと思います。

 

そもそも、それらは高校生向けに作られていないため、そのまま提示すると、理解しにくい、高校生の言葉を借りれば「つまらない」「面白くない」「眠たくなる」と感想で述べます。提供者の視点に立ってみると、これは「理解できる内容だ」「若者のためになる」と考えている人が多いですが、実際は生徒の視点に立って考えれていない人が多いのではないでしょうか。

 

若者のマインドは火のつけ方、背中の押し方ひとつで、大きな変化を短時間で大人に見せてくれます。ワークショップをする上では、ツールという手段に頼るのではなく、その場に参加する生徒たちがどのような体験を経て、経験値を積み重ねてきているかを想定し、設計しなければなりません。つまり、グランドデザインを各層に合わせてする必要があるのです。

 

結局のところ、若年層向けにワークショップを行う際はグランドデザインをしなければうまくいきません。私たちが行っている授業では次年度が始まる半年くらい前から、

①コンセプト:目的・目標の作成

②リソース:生徒と運営の整備

③環境:使用できる教室の確保

④スケジュール:プログラムの大まかな流れ

⑤外的要因:大人の事情も含めた想定

などを検討しながら、細かな変更を加え、毎週変更、改善を加え、生徒が魅力的だと思える授業を提供できているのだと思います。

高校生向けに7〜8年と継続的に年間プログラムを作っていますが、社会の変化は目まぐるしく早いです。キャリア教育・コミュニケーションスキルなどを学ぶ場の根底にあるものはさほど変化はしていないのかなと思いますが、年々、主体性や当事者意識など求められている度合いが高くなったいるだけのようにも伺えます。

このような状況に対して、提供者としては変化を加えていかなければならないし、改良を加なければらないというスタンスは常にあります。

毎回違う生徒、違うバックグラウンド、異なる希望を持った人が参加するので基本的なベースは同じでも、異なる未来・変化する時代に対応できるものを提供していきたいと思います。

 

学校教育の場も変革(イノベーション)が必要だと言われていますが、おたくは変革というより良質な更新(アップデート)を見出せるかだと思います。学校現場には良質なものがたくさんあります。もちろんその逆も然りですが、良質なアップデートを加える活動は個人として継続していきたいです。