【おたくのジレンマ③「アイスブレイクがアイスブレイクにならない】

ワークショップに参加すると初対面の方と緊張を溶かすためにアイスブレイクという手法があります。 運動をする前に準備体操をしないと怪我をするリスクがあるのと同じようにワークショップもウォーミングアップをしないと怪我するリスクが高まりますよね。社会に焦点をあてると、テレビのバラエティ番組では「前座」、音楽のコンサートでは「グッズの販売」はワークショップでいうアイスブレイクに近いと思います。グッズを適切に購入すれば、気持ちが高まり、早くこのペンライトを片手にコンサートに臨みたいという気持ちになります。それはワークショップも同じだと思います。会場に入って、メインイベントに入るまでの間にどれだけ参加者の気持ちを高めれ、温められるかがアイスブレイクを成功させるポイントだと思います。

僕の中ではアイスブレイクは運動するために行うウォーミングアップです。

アイスブレイクを日本語に訳すと「アイスを壊す」となるので、少しマイナスなイメージがします。「ウォーミングアップ」にした方が、これから準備運動体、心、場を温めて、メインワークに移ろうという気持ちを作くりやすいと考えています。

 

今回のジレンマですが、ワークショップへの参加が慣れてくると、アイスブレイクの経験値が上がり、どうしても「またこれやるのか〜」「これ面白くないんだよな」という苦渋な気持ちで取り組むことがあります。

僕が上記のような気持ちでアイスブレイクに参加することになるかというと、そもそも、僕の性格上、アイスブレイクする必要がないので、わざわざ、演技をしてまでも楽しいことをする必要がないんです。

 

例えば、ファシリテーターが「はい、これからアイスブレイクをして、参加者の緊張を和らげたり、場を和ませるような時間を少しとりたいと思います」といった際には、僕は「アイスブレイクをしなくてはならない」のかという思考になり、逆にアイスブレイクしたくなくなります。

これは理由は簡単で、「アイスブレイクをします」とファシリテーターが言ってしまった瞬間に、ネタがバレてしまうからです。ワークショップを運営する上で、序盤でネタを明かすのは個人的にはよくないのではないかと思います。

 

アイスブレイクはワークショップをデザインする上で、絶対に必要ではないです。なぜなら、ワークショップはその場に参加する人、その場に来る人の属性上を考えた上で、実行するべきだからです。

例えば、毎週のように、顔を合わせているメンバーにアイスブレイクは必要でしょうか?僕は必要ではないと思います。なぜなら、すでに誰がどんな人を知っているし、ある程度関係が構築されているからです。そこにアイスブレイクを持ち込んだとしても、新しい気づきはあると思いますが、それを実行したからと言って、メインワークに良い影響を及ぼすことはないと思います。

 

このようなシチュエーションで、もしアイスブレイクを実行する場合は、

5分程度でできる、HHT(ハイパーハイタッチ:ハイパー元気よく、みんなでハイタッチするだけ。)や逆さま自己紹介(単純に自分の名前を逆にいうだけ)、赤ちゃん言葉(語尾を〜でちゅ。にして自己紹介)とで自己紹介など簡単にできて、かつ普段やらないようなことを織り交ぜれば大丈夫です。

 

次に、アイスブレイクが参加者主体(学習者)ではない。このケースは非常に困ります。よくあるパターンですが、ファシリテーターは事前にワークショップを用意してきて、どうしてもワークを上手く終わらせたい、最後までやらせたい、最初をつまづきたくないという不安な気持ちを抱えながら、ファシリテーションを実行していると思いますが、これはたまに大きな事件を招きます。

 

本来10分で済むようなアイスブレイクに30分かけてしまったりして、参加者、会場の雰囲気の室温が適切な温度にならず、もやもや、違和感を感じて、せっかく準備運動したのに、7割が怪我して、メインワークに移りにくい状況になってしまいます。そのような状況に追われましたら、ファシリテーターの方は自分の気持ちを我慢して、中途半端に終わっても良いと思うので、"笑顔で終了の合図(愛図)”送ってあげるのも一つの手だと思います。

 

最後に僕の嫌いなアイスブレイクをお伝えします、それは既存のものを丸々真似することです。どうしても参加/企画していると同じワークを何度も見ます。そこに企画者のオリジナリティ、アレンジを一つは入れて見てはいかがでしょうか。それがあるかないかで、参加者側もお土産が増えるので嬉しいです。

 

ここまで、いろいろと書いてきましたが、「このワークをなぜやるか」ももちろん重要ですが、自分の中での「アイスブレイクの定義・意義」などを持っておくとより良いものが作れます。

参加者の属性を考え、「アイスブレイクは不要or必要か」を考えることはワークショップをデザインするために重要な観点だと思います。

 

 

sugitakuworkshop.hatenablog.com